月山ビールとプレミアムテキーラ★錦糸町Smalllest Bar

テキーラ・マエストロのいる錦糸町のショットバー!
地ビール・月山(がっさん)と、プレミアム・テキーラ!
メキシコCRT(テキーラ規制委員会)認定!
墨田区江東橋2-6-14 エスカイヤ錦糸町プラザ6F
※月曜日定休
<< 一緒に花火中継見ましょ! | TOP | 8月はお休みの日が何日かあります! >>
世界で495本、そのうち日本には8本!そのうちの1本(1杯)をいただきました!
JUGEMテーマ:テキーラ!
 
こんばんは!
浴衣のキミがまぶしかった、Smalllest Barです!

ちょっと前になりますが、ものすごいテキーラを飲んできました!

その名は、『クエルボ250アニバーサリオ』!!!

クエルボと言えばテキーラの中では最も有名なブランドですが、テキーラづくりに携わって250年以上経たことを記念して、ホセ・クエルボ社のテキーラづくりへの情熱と技術を結集してつくりあげたプレミアムテキーラです。

日本では2010年に発売されましたが、な な なーんと!
世界で495本しか販売数がなく、そのうち8本のみが日本で発売されたという、レア感極まりない1本なのです!

それを2013年にGETしたのが、
津田沼 SPIRITS Bar Sunface代表 テキーラ・マエストロ江刺さん!
このたび予約制で限定20人が、飲む機会を頂戴しました。

レア感もさることながら、お値段もご立派なコチラの1本。
当時のニュースリリースでは、ネットショップでの価格は1本21万円でした!
それをネットオークションで落札した江刺さん・・・
推定価格は25万円です。
それをほぼ原価でご奉仕とのことで、私も予約して飲みに行ってきました!

まぼろしのテキーラと言っても過言ではないこの1本…
これを逃したら、飲む機会はもう二度となかったでしょう。



◆このテキーラのすごいところ

『クエルボ250アニバーサリオ』は、クエルボ家が初めてテキーラをつくった歴史的な土地で育てられたアガヴェのみを原料に使用し、現在稼動している蒸溜所としてはラテンアメリカ最古の蒸溜所で蒸溜しました。

ホセ・クエルボ社ならでは2つの樽を使用する熟成方法「ダブルカスク技術」を用い、アメリカンオークの新樽で3年間、さらにスペイン産のシェリー樽で10ヶ月長期間貯蔵・熟成させています。3年以上熟成させたテキーラは「エクストラ・アネホ」と呼ばれ、テキーラの中では最上級品と位置づけられています。
1758年にテキーラづくりを開始してから250年以上が経過した2009年に世界495本限定で発売されました。日本国内では8本の限定発売です。

光沢のある深い褐色で、ドライフルーツやバニラのような甘い香り、なめらかな口あたりで心地よい余韻を感じさせる豊かな味わいです。

ボトルは200年以上前に使用していたガラスボトルの形状を再現したもので、クエルボ社の紋章とモットー“Prestigio(名声)”“Abolengo(血統)”“Tradision(伝統)”が刻印されています。鍵付きの木箱入りで、木箱の中には商品の他に革製のカバーがついた商品ガイド、クリスタルのストッパーがついています。

ネーミングは、250年以上テキーラづくりに携わってきた歴史に由来しています。


*)アガヴェとは、龍舌蘭(リュウゼツラン)という植物です。一般的に英語で「ブルーアカヴェ」と呼ばれています。
  正式名称は「アガヴェ・アスール・テキラーナ・ウェーバー」です。

詳しくは、こちらのサイトをごらんください→アサヒビールの詳細ページ



実際に飲んだ感じは、やはりとっても美味しかったです!
シェリー樽熟成が特徴ということですが、クエルボ感もほんのり残っていて、それでいていつものクエルボよりも優しくて、舌をふんわり包み込むような味わいでした!(抽象的ですみません!)

とにかく、おいしかったです。

あっという間になくなってしまい、さみしい限りでした。

こういうお祭りみたいな企画はいいですね!

お祭りといえば、今週の日曜はいよいよ日本テキーラ協会主催のテキーラバーベキュー!
皆さん、もうチケットはお持ちですか?まだの方はお急ぎください!
当店でも取り扱っておりますし、千葉方面の方はこちらのSunfaceさんでも入手可能です。

前売り券がお得ですよ!(テキーラ、カクテル、ビールが飲み放題、バーベキュー食べ放題で¥5500!)

当店は、バーベキューのお手伝いをするので、申し訳ありませんがお休みとさせていただきます。
ぜひ豊洲で一緒に楽しみましょう!
お待ちしておりますので、よろしくお願いいたします♪
| お酒について | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.smalllestbar.com/trackback/228
トラックバック