月山ビールとプレミアムテキーラ★錦糸町Smalllest Bar

テキーラ・マエストロのいる錦糸町のショットバー!
地ビール・月山(がっさん)と、プレミアム・テキーラ!
メキシコCRT(テキーラ規制委員会)認定!
墨田区江東橋2-6-14 エスカイヤ錦糸町プラザ6F
※月曜日定休
<< TEQUILA HOUSEでフォルタレッサ! | TOP | のんべえフォト・コンテスト2013 ~Nombe Photo Contest 2013~ >>
Don Fulanoの夏。(テキーラバーベキュー&セミナーご報告)
JUGEMテーマ:テキーラ!
 
こんにちは!
炎天下のランナー、スモーレスト・バーです。

先週の日曜は(今週?とにかく8/4)日本テキーラ協会主催の「テキーラバーベキュー」でした。
今年もたくさんの方にご参加いただき、たいへん盛り上がりました!
参加してくれた皆様、どうもありがとうございました!
日本テキーラ協会さま、お手伝いさせていただき、とても貴重な機会をありがとうございました!

今年のテーマはドン・フラノ テキーラ!
カクテルもすべてドン・フラノテキーラをベースに使いました。

ドン・フラノは、2011年の日本テキーラ協会テキーラ・オブ・ザ・イヤーでブランコ部門に「ストロング シルバーが金賞を取っています。が、市場的にはいつも手に入るものではなかったようなイメージです。当店でもストロングシルバーだけはあったのですが、私自身、レポサドやアネホの他のラインナップは飲んだことがありませんでした。

(一緒に試飲ブース担当のジェニファーさんと準備中♪)

しかも今回は、メキシコから蒸留所の社長さんが来日してくれました。
セルヒオ・メンドゥーサさんです。

セルヒオさんはとても気さくな人柄で、私たちスタッフやゲストの皆さまにも気軽にコミュニケーションをとってくれて、初めての日本を楽しまれているご様子でした。

とりあえず、私にはあまり馴染みのなかったドン・フラノのイメージは、彼のおかげでとてもハッピーなものにないりました(笑)

翌日5日(月)はドン・フラノをよりよく知るセミナーがありました。

(左・テキーラ協会 林会長 右・セルヒオ社長 @The Beach Lounge)

セルヒオさんは家業を継いで4代目の若旦那です。
もともと、彼のファミリーは、ロスアルトス地方のアガベ生産者だったそうです。
ドン・フリオやシエテ・レグアスなどの名立たるテキーラブランドにアガベを供給していたと言いますから、優良なアガベの作り手だったと思われます!
そのうち1867年からご自分でもテキーラを作るようになり、テキーラ村などのあるバジェス地区の蒸留所を手に入れました。
そういう理由で、バジェスの蒸留所だけど、アガベはロスアルトスのを使用、というプロフィールだったのですね〜。納得。

もともとよいアガベを作ることに精力を傾けていた彼のファミリーは、やはりテキーラ作りもアガベ第一主義!

アガベの旨みを最大限に引き出す工夫を随所に施しています。

そうしてできたのが、ドン・フラノ ブランド!

ストロングシルバーは、アルコール50%なのでもちろんパンチはありますが、アガベのきれいな味がして、美味しく味わうことができます。

ブランコは、できてから60日間ステンレス樽で寝かせています。そうすることによって、蒸留したての味が落ち着かない状態を避けた、味のまとまったブランコが出来るとのこと。
なるほど、私もこのブランコはすごくおいしいと思いました。

レポサドは、フレンチオークで8ヶ月間熟成。レポサドだけれど、もともとのアガベの香りを活かしたかったということで、ちょっとだけ樽感を感じるような仕上がりになっています。ラインナップの中では一番スパイシーさを感じます!

アネホは、なんと3年間熟成です!こちらもフレンチオークです。

そして憧れのエクストラ・アネホの「インペリアル」は、新ボトルでの登場です。コチラは泣く子もだまる5年熟成。文句なしのスムースでコクのある味わいです。


いや〜、やはりここまで詳しくお話を聞くと、テキーラをおすすめする側としても勧めがいがあるし、飲む側としても気の持ち方が違いますね!
がぜんお気に入り度アップしました!

しかも、作り手がはるばる極東の地に足を運んでくれるというのは、本当にうれしいです。
作り手みずから、細部のこだわりを詳しく教えてくださったので、やはり情熱を持って作っていらっしゃる心意気も伝わりました。本当に、あらゆる質問すべてに答えてくれるので、しかも歳はお若いのに、すごい方だと思いました。


イベントのお手伝いのご褒美として、セルヒオさんのサイン入りボトルもいただきました♪
お気に入りのブランコに♪

そして現在、ストロングシルバーとレポサドを注文中です。
アネホ、インペリアルは様子を見て後ほど・・・

セルヒオさん、名古屋、大阪とセミナー行脚されたようです。
これで今年のホットな話題はドン・フラノでしょうね。
テキーラ・オブ・ザイヤーにまた食い込んでくるでしょう。

あ〜、テキーラが飲みたくなってきた!

ちなみに、「ドン・フラノ」という名前ですが、フラノさんが創業したわけではありませんでした。
「ドン・某」というような、英語でいったら「Mr.Smith」のような、そんなニュアンスだということです♪

皆さんも飲んでみたいでしょう?
ぜひ飲みに来て下さい!
お待ちしてます☆
| お酒について | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.smalllestbar.com/trackback/232
トラックバック