月山ビールとプレミアムテキーラ★錦糸町Smalllest Bar

テキーラ・マエストロのいる錦糸町のショットバー!
地ビール・月山(がっさん)と、プレミアム・テキーラ!
メキシコCRT(テキーラ規制委員会)認定!
墨田区江東橋2-6-14 エスカイヤ錦糸町プラザ6F
※月曜日定休
<< テキーラはこうして作ります(6-2) | TOP | 明後日30日は東北・仙台で初のテキーライベントです! >>
若い時の記憶力、歳を重ねてからの理解力
こんにちは!
木を見て森を見ず、Smalllest Barです。

当店のお客様で、店がすいているときが好きだとおっしゃる方が何人かいらっしゃいます。
お店としては、もちろん毎日すいていると困ってしまうのですが、本当に暇なときは、お客様に合わせた音楽でなく、店主の聞きたい音楽を流して楽しんでいる日もございます。(まぁ、たいしてお客様に合わせていないという意見もありますが…)

昨日は、とっても懐かしい、Fugeesの ❝The Score -Bootleg version-❞というCDを久々に聞いてみました。
私が高校生の頃によく聞いたCDです。

その中のなんの曲だかは忘れましたが、曲に合わせて歌詞が自然と歌える曲がありました。
ご存知の方も多いと思いますが、Fugeesはちょっとアコースティックなヒップホップのグループで、ラップの部分も多いです。
そんな曲を自分がそらで歌えたことにビックリ!

ちなみに、Fugees、こんな感じです。
https://youtu.be/aIXyKmElvv8

当時、一生懸命に歌詞を見ながら聞いていたんだろうなあ、と、懐かしくなりました。

今でも思い出す、中学の朝礼で校長先生が、「若いころは本を読んでもすんなり理解はできないけど、本の内容は大人になっても覚えている。逆に、大人になった今は本を読むとすぐ理解できてたくさん読むこともできるけど、なかなかそれを覚えてはいない。」というようなことをおっしゃっていました。確か、「皆さん、たくさん本を読みましょう」というようなお話だったと思います。
とてもこのお話が印象に残っています。

音楽もしかり。十代頃聞いていた音楽って、今でも細かいところまで覚えていますよね!
私はFugeesのほかには、TLCもほとんど覚えています!

そんなことを暇に任せて考えていたら、若いころ読んだ本の一節を思い出して、またその説を裏打ちする結果となりました。
吉本ばなな(現・よしもとばななさん)のアムリタというお話に出てくる、主人公のバイト先のマスターが「30代後半の趣味人で、店がヒマだと自分の好きな音楽を何べんでもかけることができるので嬉しい」というくだり。私は趣味人というわけではないですが、このマスターに共感します(笑)

やはりお客様的には、テキーラバーの音楽はこうあってほしい、という気持ちがあるみたいで、いろいろとご意見をいただきます。
実際には、私の気分だけで音楽を選んでいることもあるし、当店の広い年齢層を考慮して無難なものを選んでいるときもあり、まちまちですけどね。

ヒマな時はそんな感じで過ごしています!

皆さまの好きな音楽も、ぜひご紹介してください。
新しいことはなかなか手に取る機会がないですけど、何かのきっかけで世界が広がりますもんねー!
レッツ シェア!

今日と明日は錦糸町の河内音頭だそうですので、雨降りですけどぜひ錦糸町に足をお運びくださいませ!
会場は屋根があるので、全天候型です!
去年も台風の中、開催されてましたよ!

それでは、夏風邪、夏バテが流行っているみたいですので、どうぞご自愛ください。
| 店主雑記 | 14:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.smalllestbar.com/trackback/270
トラックバック