月山ビールとプレミアムテキーラ★錦糸町Smalllest Bar

テキーラ・マエストロのいる錦糸町のショットバー!
地ビール・月山(がっさん)と、プレミアム・テキーラ!
メキシコCRT(テキーラ規制委員会)認定!
墨田区江東橋2-6-14 エスカイヤ錦糸町プラザ6F
※月曜日定休
<< サハラマラソン・チャレンジ 完走報告5衣食住の「住」 | TOP | サハラマラソン・チャレンジ 完走報告7.気持ち的なところ >>
サハラマラソン・チャレンジ 完走報告6体調の変化

JUGEMテーマ:ウルトラマラソン

 

こんにちは!

6月からまた走り出した

Smalllest Bar小野です!

 

サハラの続きです。

 


(レース前日のまだ元気な皆さん)

 

 

そんな砂漠の過酷な大会で

 

 

体のコンディションはどう変化するのか?

 

私の場合はこんな感じでした。

 

【1日目】

足の裏のマメは、できたかどうか不明なレベル。

ザックの下の部分が腰と擦れてちょっと痛い。

運動によるダメージはそれほど気にならず。

荷物の重さにはウンザリ

足のむくみはなし。

 

【2日目】

足の裏のマメの存在は確定2-3個

足のむくみはなし。

Tシャツと手袋の間の隙間が日焼けでヒリヒリしてきた。

ふくらはぎ、コンプレッション(カーフ)部分にあせもが。

途中、ちょっと頭が痛いと感じる瞬間があり、

配布されている塩タブレットを意識的に摂取することにする。

熱中症のきざし!?)

それからは大丈夫でした。

 

 

【3日目】

マメの対処として、テーピングをしてみる。

足裏アーチと指ごとに。

(ガーニーグーは休止)

指のテーピングは、なんか蒸れ

爪の存続が危ぶまれる結果に。

ゴール後、慌ててはがす。(爪はセーフ)

あせもが苦痛で、カーフをせずに1日過ごす

するとやはり、日焼け止めを塗ったけど

くっきりとゲーターのラインで日焼けしてしまった。

翌日のオーバーナイトを考慮してのセーブと、

2日目、3日目のアップダウンのダメージ

ちょっとダラダラ中だるみ

足のむくみはなし。

 

【4日目-5日目】

マメ対策のテーピングは、足裏アーチのみ

(前日に全くマメができてない方の

 インソール事情を聞いてそうしました)

たぶんこれが最善策だと思う!

またガーニーグーを塗る。

2日にわたる長距離86kmのステージで先が長いが

朝から脚-尻の筋肉痛歩くのが痛い

走る方の部分の筋肉は痛くなかったので

なるべく走って歩を進める

たぶん、荷物も少しは減ったせいもあり、走れたみたい。

(歩く筋肉と走る筋肉は違う、という意見と、

 同じ、という意見両方聞くけどどっちなの?笑)

ロングの日なのに

走って大丈夫かなーと少し心配だったけど、

夕方ごろにはほぐれたようで

歩いても痛くなくなっていた♪

 

CPでは必ずゴキブリ体操※カーフを足首まで下げて通気

靴下も2枚中1枚は脱いで通気を心掛けた。

(※ゴキブリ体操とは、出場者Kちゃんに教わったもので

 仰向けに寝転がり、腕と脚を上空に上げてジタバタするもの。

 ゴキブリがやられた時にジタバタする感じです)

仮眠は、CP4で20分くらい、CP5で30分くらい。

カフェインの錠剤を飲んだこともあり、

眠気はそれほど気にならず。

CP6に向かう途中、夜明け前ごろに

砂漠に来て初めて大のほうをもよおしたが、

いい場所を探しているうちにひっこんだ!(笑)

(結果的に1回もせず…)

 

CPでのルーティンを必ず守ってやると

CPを出るたびにかなり復活!

ヘロヘロでピットinしても、

また力強く歩を進めることができました

 

また、男性には言いにくい話ですが、

生理を遅らせるピルを飲んでいたのに、

4日目に生理がきた。

私は規則的なほうで、生理痛とか

PMSとかは全然ないのですが、

やはり砂漠で生理はさすがに不便!と思って

友達から教わってピルを初めて処方してもらいました。

予定日の5日前から決まった時間に毎日飲むと、

飲んでいる間は生理が来ないというピルです。

 

私のバイオリズム的にはレーススタートの

ステージ1の日からばっちりスタートの予定だったので

少しずれただけでもありがたいと思うようにしました(笑)

 

そして、来ないものと思って

それほど準備もしていかなかったので

メディカルチームを頼ったのですが、

けっこう邪険に扱われ(笑)

ナプキンは品薄だし、

タンポンは原始的過ぎて使えなかった。

アプリケーションも何もないやつでした。

しかも砂漠のあの環境で、

手袋も何もなく、って不衛生!!!ムリ!

ヨーロッパの女子はそういうのを使ってるのか…

事情が知りたいです。

 



(CPでの一コマ。
靴下は1枚脱いだ状態です)

 

 

 

 

 

【6日目】

ハードなレースの最終日。

コンディションは前日とだいたい同じ。

足のテーピングを貼りなおし、

マメも、あることはあるけれど

大したダメージではなかった。

CPごとのルーティンを忠実に。

あせもも大丈夫になってきた。

ゴール前の何キロかが平地の固い地面だったので

せめてゴール前は走ってみた。

おかげさまで、無事に、

大きなダメージも無く

ゴールすることができました。

 

【7日目】

砂丘をちょこっと(?)越えたら、

町に着いて、レース終了。

バスでワルザザートに帰る日。

砂漠では一度もむくまなかった足・脚が

長時間のバス移動ではじめてむくんだ

これが「むくみ」かー!となぜか感動。笑

ホテルでの夕食は、

皆さんハイエナのようでした。

そして炭酸飲料がとても美味!笑

コーラが売切れてしまっていて、

スプライトを飲みました。

 



(その日の夕食。
まだシャワーを浴びてないからか、日焼けか、うす汚れた私(笑))

 

 

 

 

 

 

【フリーデイ】

大会のあとで

観光なんてする元気があるのだろうか?

と、思ってましたが、できました。笑

そこまでのダメージも無く

ワルザザートの町を

徒歩でお土産を買いに行ったり、

フィニッシャーTシャツをもらいにいったり・・・

ほっと一安心でした。

 



(モロッコ名物タジン鍋!
子牛、旨し!)

 

 

 

 

 

その他、全体をとおして、

とても印象深かったことは、

毎日「Hanakuso」がすごかった!

 

朝方寒いので鼻水がでて、

日中あったかくて乾燥して

たぶん砂とかも鼻にいっぱい入ったのでしょう。

夕方ゴールするころには、

ガビガビの強固なHanakusoが形成されました。

 

でも、走行中の呼吸に影響はなかったです。

 

 

あと、たぶん、私はほかの人より足のマメが少なかった。

これはたぶん、スピードが遅いことも関係していると思いますが、

一応、対策もしていきました。

 

まず、「ガーニーグー」という塗り薬。

レース前に塗ると、

足のコンディションを最良に保ってくれる、

アドベンチャーレース用のクリームです。

これを日本を出る前から塗り始めました

 

レース中は、レース前(朝)、

レース後(夜)に塗りました。

 

これを塗ることによって、

垢が出にくくなっていたので、

ということは、ふやけにくくなったのだと思います。

 

そして、サハラ経験者に好評のシューズ、

使用の靴はアルトラにしました。


あとは、

私は毎日アミノ酸グルコサミン

ビタミンCのサプリを飲んでいました。

 

ビタミンCは、砂漠でのどが渇くのを

防ぐためにと思って持っていきました。

粘膜にはやはりビタミンCだ!と思って。

 

これがもしかしたら、

むくみにくかった原因かな〜とも思っています。

 

味もすっぱくて、疲労回復クエン酸、という感じでよかったです!

 

このような感じで、

おかげ様で、これといったケガなどもなく、

無事にフィニッシュできました。

実際、しんどい部分はかなりあったのだと思うのですが、

終わって時間もたつと、忘れてしまいました(笑)

なので、私はそれほどつらい目には合ってないという

認識でおります。

他の参加者の中には、

本当につらい目に合った方もいらっしゃるみたいなので、

自分はラッキーだったと思います。

 

大会直後にお会いした方々には、

「あれ?けっこう普通にしてるね!

 ヨタヨタしたりするのかと思った」

と言われました(笑)

 

五体満足で大会を終えて、

完走もできて、

その後の観光も無事にできて

本当によかった!

 

いろんな方に応援していただいて、

物資や資金も応援してもらい、

リタイヤしたらシャレにならない、

という思いもありました。

気持ち的にくじけそうになった瞬間は

一度もなかったです。

 

次は、気持ち的なこと

まとめてみて、

それで最後にしたいと思います。

 

今回も長文に目を通していただき、

ありがとうございました!

| 店主雑記 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.smalllestbar.com/trackback/317
トラックバック